さいしょからはじめる

暗号資産の取引・
NFTの購入・P2Eの参入⇩

ぼうけんをはじめる

暗号資産の取引所bitFlyer(ビットフライヤー)開設するメリット・デメリット

暗号資産(仮想通貨)
この記事は約7分で読めます。

 

どうも、いらっしゃいませ。

私のブログでは、暗号資産(仮想通貨)、NFT、P2Eについての記事を書いています。

現在既に取引などをされている方はもちろん、これから始める予定の方にもわかりやすい記事としていますので、気になる記事があれば見ていってください。

 

暗号資産※(仮想通貨)の取引始めてみたいけど、始め方がわからない方、またはbitFlyerの取引所を登録したいけど「どんな取引所なの?」とお考えの方いらっしゃいませんか?

※以下暗号資産で統一します。

bitFlyerならメリットがたくさんあります

開設希望の方はこちら

なぜなら国内取引所内でビットコイン取引量、6年連続1位を獲得している取引所なのです。

※Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における2016年-2021年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

私は実際、数か所の取引所を開設し使用していますが、bitFlyerは申し込みをして取引できるまで、かなり早く取引ができました。

この記事では取引所の開設から、おすすめポイントを紹介していきます。

この記事を読むことで開設の方法から、ご自身にどんなメリット・デメリットがあるかわかりますので是非参考にされて口座開設のご参考にされてください。

早速開設される方はこちら!

はじめに

暗号資産取引所とはどういったところなのかということからお話します。

暗号資産取引所とは、暗号資産を売買する場所です。

暗号資産の保有や、自身のウォレットへ送金ができます。いわば暗号資産の銀行のようなところです。

そして暗号資産の取引所を数種類開設している意味としては、取引所ごとで取扱いしている暗号資産の種類が違うため、自身が欲しい暗号資産の取り扱いがある取引所の開設をしています。

開設方法

bitFlyerの取引所開設はt無料でおこなうことができます。

開設手順

おこなう手順としては以下の流れです。

  1. メールアドレス登録
  2. 本人確認項目入力
  3. 本人確認書類提出
  4. 開設

1 メールアドレス登録

登録フォームに自身のメールアドレスを入力後、確認メールを受け取ります。

2 本人確認項目入力

氏名、生年月日など必要事項を入力し完了します。

誤って入力した場合、または虚偽の報告をした場合は、審査に通らない場合がありますので、入力項目をチェックし、間違いがないかを確認して完了してください。

3 本人確認書類提出

本人確認の方法は「クイック本人確認」と「対面での本人確認」の2種類あります。

クイック本人確認とは、提出本人確認書類とスマホにて写真、動画を撮影することにより、本人確認を行います。

メリットとして、即日でのお取引を可能としたおすすめの本人確認方法です。

対面での本人確認の場合、佐川急便の方が書類を持ってきた際に本人確認を行うやり方になります。

必要書類は以下の通りです。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 個人番号カード

本人の確認が完了後、審査が開始され、条件を満たしている方であれば審査承認となり、取引可能となります。

対面での本人確認の場合、佐川急便の方がくるまで1営業日から2営業日かかります。

クイック本人確認を行うと、早ければ1時間以内で取引まで可能になりますのでおすすめはクイック本人確認です。

次の章からは、登録所bitFlyerのおすすめポイントを紹介します。

bitFlyerが選ばれる理由

bitFlyerを選ぶ理由はさまざまですが、私がbitFlyerを選んだ理由や選んだことによるメリット、デメリットを解説します。

選んだ理由

結論から言いますと、暗号資産の取り扱いを始めたい初心者の方にとってbitFlyerはおすすめの取引所です。もちろん初心者以外の方にもおすすめできる取引所です。

選ぶメリット

bitFlyerを選ぶメリットというものは以下があります。

  • 開設無料で取引できるまでが早い
  • 1円から購入可能
  • 暗号資産の種類が豊富
  • さまざまなサービスがある
  • 紹介特典がある
  • 即日から利用可能

選ぶメリット①開設無料で取引できるまでが早い

先ほど上記で説明しましたが、取引所開設するのためには料金はかかりません

そのため、レートの確認をしたりする分にはお金は全くかからないので、暗号資産をもらえるイベントなどが行われている場合に開設すると、資金をかけずに取引の練習ができるのでおすすめです。

また開設後、即日に取引ができるということで今すぐ始めたい方などにも向いてます。

選ぶメリット②1円から購入可能

暗号資産を購入する際、取引所によって○○円からと縛りがありますが、bitFlyerは1円から取引できるので、少額で練習したい方や、少しずつ購入したい方にとってはすごく向いている取引所です。

選ぶメリット③暗号資産の種類が豊富

暗号資産の取り扱いの種類です。以下のものがあります。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • シンボル(XYM)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • リスク(LSK)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • チェーンリンク(LINK)
  • ポルカドット(DOT)
  • テゾス(XTZ)

上記の15種類となります。

そのように今後人気がでるであろう暗号資産の取り扱いの開始などもありますので、今後もどんどん期待できる取引所と言えます。

選ぶメリット④様々なサービスがある

暗号資産を積み立てたりするサービスや、使用するとビットコインがもらえるクレジットカードや、Tポイントをビットコインに変えることができるなど、さまざまなサービスが存在します。

こういったサービスは取引所ごとで違いますので、自身にあったサービスを探すと面白いかもしれません。

選ぶメリット⑤紹介特典がある

bitFlyerの取引所を、お友達に紹介すると紹介特典があります

紹介した自身には500円分のビットコイン、紹介した友達には1000円分のビットコインが24時間以内にn付与されます。

初心者の方は投資の勉強などをする際のちょっとした金額として使用できますので、是非紹介を受けたり、どんどん新しい人を紹介してみてはいかがでしょうか?

ちなみに人数の上限はないようなので是非紹介特典を受け取ってみてはいかがでしょうか。

選ぶメリット⑥即日から取引可能

「クイック本人確認」を利用することで、即日より取引が可能となります。

すぐ利用したい方にとっては、はがきなどを待つ必要がないので大変便利な仕様です。

開設される方はこちら

デメリット

デメリットも多少は存在します。

私が考えるデメリットは以下です。

  • 取引が遅れることがある
  • 手数料が高い

デメリット①取引が遅れることがある

何かのイベントなどがある際に、日本円を入金したりする場合や、取引を行うことがあるかと思いますが、人気の取引所のため混雑時には一時システムがダウンしてしまうような事案も起こったようです。

一分、一秒を争う事態のときには困ってしまいそうです。

デメリット②手数料が高い

下記が入出金する際の手数料です。

三井住友銀行だと少し割引がありますが、それ以外の銀行だと一度自身のお金を卸すだけなのに、550円もしくは770円がかかってきます。

三井住友を持っていない場合、わざわざ作ることに手間になるので、入出金を頻繁にしない方に向いています。

まとめ

国内ビットコイン取引量、6年連続1位のbitFlyerはいかがだったでしょうか?

開設希望の方はこちらです。

※Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における2016年-2021年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

意味のわからない言葉があった場合、こちらで詳しく解説していますのでご確認ください。

開設が無料で早く、1円から取引できて、さらにさまざまなサービスがあり、即日から取引可能と、開設することのメリットはたくさんあります。

今回お話した私のおすすめポイントは、参考程度に聞いていただければいいです。

また、取引所の登録は「ひとり一か所しかできません!」といった内容ではないので、色んな取引所を使用して自分に合う取引所を探すことをおすすめします。

次の記事では、GMOコインの開設について書いています⇓

 暗号資産の取引所GMOコイン開設するメリット・デメリット

タイトルとURLをコピーしました