さいしょからはじめる

暗号資産の取引・
NFTの購入・P2Eの参入⇩

ぼうけんをはじめる

エルマスをプレイしたい人は暗号資産取引所(仮想通貨)ビットフライヤーを開設するべき!?解説します!

暗号資産(仮想通貨)
この記事は約7分で読めます。

どうもこんにちはこんばんは!

現在暗号資産取引所どこを開設しようか迷っている方いらっしゃいませんか?

または、ビットフライヤーという暗号資産取引所気になるけど、開設するメリットがわからないという方、他にはエルマスというP2E始めたいという方には今回の記事は必見です!

なぜならば、ビットフライヤーは必ず開設していたほうがいい暗号資産取引所のひとつだからです。

今回の記事では、なぜビットフライヤーを開設するべきなのか理由をお話します。

この記事を読むことによって、まだ開設していない人も開設したくなるでしょう。

さっそく取引されたい方はこちら

ビットフライヤーという取引所

恐らく暗号資産取引を始めたい方、または既に現在取引している方はほとんどの方がビットフライヤーという暗号資産取引所の名前は聞いたことがあるのではないでしょうか?

ダウンタウンの松本人志さんがCMしている「どうもビットで~す、どうもフライヤーです、二人合わせてビットフライヤーです」でおなじみの暗号資産取引所です。

超有名人を起用しているところでも有名ですが、実際すごい実績がある取引所です。

というのも、暗号資産のトップオブトップはいわずと知れたビットコインですが、2016年から2021年の国内取引所の中で、6年間のビットコインの取引量がなんとNo1です。

暗号資産取引所は大変たくさんあり、その中で6年間1位というのは大変すごいことです。

ではなぜビットフライヤーが選ばれるのでしょうか?ひとつひとつ解説していきます。

選ばれる理由①各種手数料無料が多く気軽に使える

暗号資産を取引する上で、意外とバカにできないのが手数料です。

売買する際の取引手数料や、振込手数料などさまざまなものがかかってきますが、売買手数料は販売所では無料ですし、振込手数料も三井住友銀行から振込を行うと無料でお振込みできます。

さまざまな手数料が無料になることで気軽に利用でき、浮いた額で投資もできます。

選ばれる理由②強固なセキュリティ

暗号資産を取引する上で、多くの方が重要視されるのがセキュリティです。

やはりどんなに手数料が安く使いやすくても、セキュリティが脆弱な取引所を利用したいと考える人は少ないです。

そして、暗号資産取引所というのは意外とハッキングにあっています。

ビットポイント、ザイフ、コインチェックなどはハッキングにあった経験がありますし、海外の取引所を含めると国内の倍以上の件数がハッキングにあっています。

しかし、ビットフライヤーは今まで一度もハッキング被害にあったことはありません。

ビットコインの取引数量国内6年連続1位のため、多くの暗号資産を保有していることがわかっています。

しかし、ハッキングされていないというのはセキュリティ面が優れているためハッカーも手を出せないということなのです。

選ばれる理由③少額から取引可能

投資を初めて行う場合、いきなり全財産をベットします!という方や、数百万円からやってみようかな!という方は少ないと思います。

やはり初めての場合は、数百円、数千円などをかけてやってみたいという方が多いです。

ビットフライヤーでは、なんと17種類もの暗号資産の種類を1円から取引可能なのです。

レートというものがどういった動きするのか?という勉強をすることは投資初心者にとってすごく大事なことで、少額から取引できるということは始めやすい環境だといえます。

選ばれる理由④口座開設が早い

暗号資産取引所を利用するには、メールアドレスの登録、基本情報の入力、本人確認が必要になってきます。

本人確認の方法を、クイック本人確認という方法を使用すると最短10分で口座開設が可能となります。

その後、入金を行い暗号資産の売買が可能となります。

口座開設がすぐできるというのは、狙っている銘柄が存在する場合、すごく重要な要素となりますので、即開設できるというメリットは大きいです。

選ばれる理由⑤その他サービスも充実

暗号資産というものは、売買するだけではありません。

ビットフライヤーでは様々なサービスがあります。

例えば、暗号資産で積み立てができるサービス(決まった額の貯金のようなもの)や、決済額に応じてビットコインがキャッシュバックされたり、Tポイントを暗号資産に交換することもできます。

自身にあったスタイルで色々できるというのは、お得なだけではなく楽しむことができます。

直近のニュース

ビットフライヤーは、すごく有名な取引所のため様々なニュースが存在しますが、今回私が気になった内容をまとめましたので、ぜひ取引所開設の参考にされてください。

気になるニュース①IEO事業に参入

IEOを話す前に、ICOの説明を先にします。

ICO(initial Coin offering イニシャル コイン オファリング)とは、資金調達を行おうとする企業、プロジェクトなどがトークン(暗号資産)を発行、販売を行い、投資家に購入してもらうことによって資金を調達する仕組みのことです。

投資家は、受け取ったトークンを開発されたプラットフォームで利用することができます。

このICOという方法でのデメリットは、発行し販売はされたものの上場がされないまま終了していくトークンや、上場先がすごくマイナーな取引所という場合、話題にならず廃れていく場合があります。

その点、IEO(initial exchange offering イニシャル エクスチェンジ オファリング)とは取引所が「しっかりと考えられたプロジェクトかどうか?」を判断した上で、さらに上場が約束された資金調達の仕組みなため、注目度の高い資金調達の方法といえます。

気になるニュース②IEO第一弾

IEO第一弾として、株式会社ナナメウエという企業とのIEO実施に向けた契約が締結されました。

株式会社ナナメウエとは、誰もが素になれるWeb3.0時代のバーチャルワールド「Yay!」でおなじみの企業です。

ひま部というサービスが新しくなったコミュニティアプリです。

そして今後は、Yay!内で使用予定である、YAYというトークン(暗号資産)の発行、販売に向けて動き出しています。

発行、販売などを行うには、日本暗号資産取引業協会というところより許可が下りないといけないため、販売の可否、または時期などはまだ確定されていません。

気になるニュース③IEO第二弾

私が一番気になるニュースといっても過言ではないのがこちらですが、IEOの第二弾も決定しており、第二弾に選ばれたのが「ELFトークン」という暗号資産です。

こちらのELFトークンというのは、最近リリースされたばかりのELF MASTERS(エルフマスターズ)通称エルマスのガバナンストークンなのです。

ガバナンストークンとは、分散型のプロトコルの将来に対して発言をもつことができるトークンです。

簡単にいうと、このELFトークンを保有していると、今後エルマスのプロジェクト内容に対して提案や新機能の内容などに対して決定権を持つことができるという暗号資産なのです。

エルマスを今後プレイしていこうと考えている方にとっては絶対欲しい暗号資産になります。

そして、ELFを最初に購入できるのはこのビットフライヤーとなるのです。

上記のYAYトークンと同じく、日本暗号資産取引業協会の認可が下りて発行、販売がスタートしますので、まだ未定ということで現段階では時期なども決定されていません。

しかし、来る可能性は高いのでぜひビットフライヤーは開設しておきましょう!

こちらから無料にて開設できます。

まとめ

他にも気になるニュースはまだまだありましたが、他のニュースは開設されたあとにご自身で確認されるのも楽しみのひとつとなるかもしれません。

暗号資産取引所は、取引所ごとで取り扱っている暗号資産の種類は異なり、レバレッジ取引ができるできない、または他社が行っていないサービスもあったりします。

または、手数料の違いで「こちらの取引所は取引手数料は安いけど送金手数料は高い」や、「手数料安いけど、画面がみにくい」などのようなさまざまな選択基準があります。

そのため、自身にあった、さまざまな取引所を開設しておくことをおすすめします。

ここまで開設して暗号資産取引所ビットフライヤー開設してみようと思った方はこちら

エルマスを始めるための現在PLTを取り扱っているコインチェックという取引所はこちら

タイトルとURLをコピーしました